酒の美濃屋角打ち.jpg

MINATO STANDING BAR

KAKUUCHI

 

​酒屋の一角でちょっと一杯。

「角打ち」とは、その昔、日本酒は現在の様にビンなどで販売されておらず、樽で流通しており、「升で量り売り」することが一般的でした。

しかし、家まで我慢できない当時の呑ん兵衛たちの、その場で飲みたいという思いに答えるため酒屋の一角に立ち飲みスペースを設け、「升で計った酒をそのまま飲む」ようになったことを由来とされています。